時計のオーバーホールとは

時計のオーバーホールとは?

ロレックスやオメガなどのブランド時計。
早々壊れるものではないと思っていませんか?

 

どんなに高給なブランド時計でも壊れる時は壊れます。
定期的なメンテナンスをしないと
すぐに修理が必要になっちゃうんです。

 

時計のオーバーホールとは、車で例えると車検のようなものです。
オイル交換まではいきませんけど、良いコンディションを
保つために、2年に1度車検が必要なように

 

時計にもオーバーホールというメンテナンスが必要です。

 

時計のオーバーホールとは、時計を細部まで
分解し洗浄したのちに再度組み立てるという
時計の中をメンテナンスすることです。

 

機械式時計は部品と部品の摩擦によって、
油が劣化したり酸化したりします。

 

そのため、パーツの摩擦につながって時計が使えない状態に
なってしまうかもしれないのです。

 

そこで、時計のオーバーホールをすることで
摩擦を防いでコンディションを保ち、時計を長持ちさせることが
できるわけです。
ではどんな時に時計のオーバーホールが必要なのか?ご紹介します。

どんな時に必要?

時計のオーバーホールの意味は理解できましたか?
では「どんな時に必要なのか?」みていきましょう!

 

時計のオーバーホールとは簡単に言えば
「購入してから随時必要」だとしかいえません。

 

なぜかって車検のように法律で定められていることじゃないから。

 

通常3年に1度といわれていますが、オーバーホールに出す時期は
人それぞれです。

 

メンテナンスをしておけば状態が良く保たれるといっても
時計のオーバーホールとは費用が高く安くても2万円以上はするものです。

 

そこで、3~5年を目安にオーバーホールを行う
時計オーナーが多く、必要に応じてチェックしているのです。

 

時計だって消耗品であり、毎日使っていると修理が必要なことも
だからこそ、メンテナンスをすることで
修理が必要のない状態に、時計が健康でいられるようにしてあげるんです。

 

その辺りは人の体と同じですね。
最低でも5年に1度はオーバーホールをしてあげて
出来るだけ長く愛用してあげましょうね!

【チェック】
⇒ 腕時計のオーバーホールなら専門店の「千年堂」 詳細はコチラ

 

⇒時計修理やオーバーホールの安い業者をチェック♪

 

⇒ロレックス修理が安いとこなんてあるの!?正規代理店よりお得に修理したい方は要チェック

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ