ロレックスの修理が安い業者を徹底調査!

ロレックスの修理は安い?

shuuri

ロレックスはメーカー正規代理店で修理をすると、最低でも40000円~50000円は必要といわれています。その際、「そんなに高いお金定期的に払えない!」といってオーバーホールをしないまま使っている人は実は多くいるといわれています。

そこで知ってほしいのは「定期メンテナンス」をすることで「修理が必要なほど劣化してしまう」ような恐れがないということ。定期的にオーバーホールをしておくと修理が必要ないんです。その結果、「パーツ交換が少ないオーバーホール」が実現するんです。

万が一修理が必要になってしまった場合、「料金が安い」という理由だけで修理店を選んでしまうと、あとあと後悔することになりかねません。ロレックスは高度な技術での修理が必要です。決して安くできることではないので、あからさまに料金の安さををうたっている修理店は選択対象から外してみた方が良いでしょう。

では、そのような中で「ロレックスの修理が安いところで安心できるところ」はあるのか?ここでは最も安くお得に依頼できる、おすすめできる業者を紹介していきたいと思います。

【参考】
⇒ 時計修理でおススメの「千年堂」

詳細はコチラ

ロレックスの修理が最も安いところは

img_shuri

日本ロレックスに比べると、一般の専門修理店では3割から半額くらいまでは安くなります。

ロレックスの専用パーツや修理のための工具などしっかり設備が整っているところも数多く、腕の良い技師が在籍しているところであれば安心です。おすすめの業者はたくさんあります。

●タムタイム
●カナルクラブ
●アクアタイム
●大樹
●千年堂
●時計修理工房・白金堂

こういった業者であれば、修理やオーバーホールなどの料金を明確に表示し宣伝しています。

「修理がいくらかかるかなんてわからない」という業者になんて大切な時計を任せたくありませんよね?「激安」だとか「メーカーより8割安い」なんて業者は大変危険です!どうして危険なのかも一緒にご紹介します。

お金がかかってもいいなら「ロレックス修理は日本ロレックス」へ。たくさん時計のブランドがある中、メーカーや代理店として一番修理やオーバーホールの技術に力を入れているのは日本ロレックスだといえます。

ロレックスの修理が安いと危険?

今お伝えしたように、お金があるなら、日本ロレックスへ頼むのが良いと思います。日本ロレックスなら正規ですし、多くのオーナーが利用しています。

でも、ケース交換となれば10万円。もし生産されていない部品交換となるといくらかかるかわかりません。

じゃあ「安いところがいいじゃないか」という考えもNG。修理が安いなんて、ロレックスではありえないこと。安くても最低半額くらいまで安いところにしておいたほうが良いでしょう。

もし激安なんてところがあったら

○部品交換にブランド専用外の部品を使っている
○資格を保持していない”時計好き”が修理している
○「修理不可能だった」といいながら、修理できるのに壊してしまった
○ブランドのことを知らないのに修理をしている

このようなことも前もって頭に入れておいてほしいです。
それでももし安いところに依頼したいのなら、ロレックスの専用パーツを海外からちゃんと揃えている、という時計修理店を選びましょう。

信頼できる業者を選べば、一生涯大切なロレックスを使い続けることが出来ますよ!

⇒ 一流の技術で修理!ロレックスの時計修理専門店「千年堂」の詳細はコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ